有馬記念のファン投票の方法は、インターネット、競馬場、ウインズなどでの直接投票、ハガキの3つがあります。
投票期間は毎年JRAのホームページなどで発表されます。
パソコンやスマートフォン、携帯電話からの投票は、指定のURLから投票が出来ます。
また、競馬場やウインズでの直接投票は、各受付場所に備え付けの専用投票用紙がありますので、それに必要事項を記入し、設置されている専用の投票ボックスに投函すれば完了です。
この場合、ファン投票の受付は各施設の営業時間内に限られています。


また、ハガキは専用投票用紙、官製はがきのどちらでも可能です。
専用投票用紙をポストに投函する場合には52円切手が必要です。専用投票用紙は競馬場やウインズで記載して専用のボックスに投票すれば無料ですが、競馬場やウインズでは馬券に集中して投票する馬のことまで頭が回らない場合などに家に持ち帰ってから投函で投票することが出来るのです。
また、 郵便ハガキの場合は、郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号などの基本事項に加え、投票者すべてに的中の可能性にあるご希望の賞品、そして有馬記念に出走させたいと思う馬を10頭まで記載して郵送します。
プレゼント商品や宛先はホームページなどに掲載されますので、そちらで確認できます。

有馬記念で自分がファン投票で記載した馬が好走するとファンとしては非常に嬉しいものです。
6月に阪神競馬場で行われる宝塚記念と合わせ、この2つにレースはファンが出走馬を選ぶことが出来るということでドリームレースとも言われています。
また、過去のレースを振り返っても、ドリームレースにふさわしい名勝負が数多く繰り広げられてきました。伝説のレースとなった有馬記念も多くありますので、それを観戦したことをきっかけに競馬ファンになった人も多いです。その代表的な有馬記念のレースがオグリキャップが勝った1990年です。

この時期、JRAを代表するスターホースだったオグリキャップは、この時の秋に不振に陥り、秋の天皇賞とジャパンカップで惨敗していて、限界説がささやかれていました。そしてこの有馬記念を最後に引退することになっていたのですが、見事にこの引退レースを天才武豊鞍上で勝ってしまったのです。
この時の中山競馬場のどよめきは相当なもので、あらためてオグリキャップの底力の凄さと、天才武豊の手綱さばきに多くのファンが酔いしれたのです。2016年もファンは名勝負を期待しています。
今年も馬券を購入する予定の方は有馬記念の予想サイトを参考にしてみては如何でしょうか?
穴馬予想をメインにしているので、万馬券を手にすることが出来るかもしれませんね。